留学中の安全と危機管理

  • Home
  • 留学中の安全と危機管理

留学中の安全と危機管理

留学に行く=「日本ではない」ことを意識する

一歩日本から出たら、そこは日本とは異なるルールで人や物事が動いています。そのような場所で生活・滞在するためには十分な事前準備が必要です。また、世界は常に動いていますので、海外滞在中も定期的に必要な情報を収集することが大切です。以下の情報サイトを折々に必ず確認して、常に最新の情報収集を行うよう心がけてください。

海外安全ハンドブック

本学が定める渡航判断基準を満たす場合に、渡航できます。

「海外安全ハンドブック」は、海外でも安全な生活を送るために心掛けるべき事項をまとめています。渡航が可能となった場合には、必ず事前によく読み、安全対策に役立ててください。

なお、本ハンドブックは、パソコンやスマホにデータを保管することが可能なほか、印刷 する場合は「小冊子」を選択することにより、持ち運びに便利なA5判サイズにプリントす ることもできます。 いずれの場合も、表紙に記載された注意事項をよく確認し、必ずプリントアウトが必要な 13ページ以降については、各事項を渡航前に必ず記載し、渡航中は必ず携帯してください。

海外渡航の際は、「たびレジ」に必ず登録してください!
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
ただし、3か月以上の滞在の場合には、滞在先から最寄りの在外公館へ在留届を提出(電子届出可)する必要があります。

危機管理ガイダンス

本学では、海外渡航を計画している学生を対象に危機管理ガイダンスを開催し、渡航までに済ませておく必要がある手続きや健康・衛生上の注意、犯罪から身を守る方法など、海外で「自分の身は自分で守る」ために必要な知識について、様々な観点からお伝えしています。

2022年7月22日開催の危機管理ガイダンスの動画及び資料は、こちらから閲覧可能です。
(本学学生・教職員に限定して公開しています。視聴にあたっては千葉大学発行のGoogle Workspaceアカウントにログインが必要ですので、アカウントを切り替えてからアクセスしてください。)

渡航を計画する方は、海外安全ハンドブックと併せて危機管理ガイダンス動画も確認し、渡航の準備に役立ててください。

海外旅行保険、危機管理サービス及びキャンセル費用補償保険への加入について

渡航に先立ち、渡航期間をとおして有効となる、海外旅行保険及び危機管理サービスに必ず加入してください。留学プログラムによる渡航の場合には、プログラムごとに海外旅行保険および危機管理サービス提供会社の指定を行うことがありますので、加入にあたっては、プログラム担当教職員の指示に従ってください。 プログラムによる指定がない場合には、本学が包括契約等を締結している海外旅行保険及び危機管理サービスに加入してください。なお、本学では※2<危機管理サービス>に記載の2社と包括契約等を締結しています。
※1 <海外旅行保険>

海外では、日本と比べ、医療費が非常に高額になるケースが少なくありません。また、賠償責任を負うような事故を起こしてしまわないとも限りません。補償内容(補償対象や補償額、免責事由等)はご家族とも相談のうえ、必ず渡航に先立って、加入手続きをしてください。

海外旅行保険の補償内容概要については、以下のサイトを参考にするのも良いでしょう。

   〇 日本損害保険協会 損害保険Q&A 海外旅行傷害保険とは
     https://soudanguide.sonpo.or.jp/body/q080.html

なお、株式会社JTBによる危機管理サービス(留学生トータルサポートプログラム)に加入する際はジェイアイ傷害火災保険株式会社が取り扱う海外旅行保険とセットでの加入となりますのでご留意ください。詳細は本学が包括契約等を締結するサービス一覧→<留学生トータルサポートプログラム(JTB)>をご覧ください。

※2 <危機管理サービス>

危機管理サービスとは、渡航先で医療機関の受診が必要となった際のサポート(医療機関の紹介、医療通訳の派遣等)や生活サポート(パスポート紛失、盗難等の被害にあった際の対応支援等)等について、24時間体制で日本語による支援を提供するものです。

本学では、危機管理サービスを提供する以下の2社と包括契約等を締結しています。

   〇 日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(EAJ)
     (留学生危機管理サービス(OSSMA))
   〇 株式会社JTB(留学生トータルサポートプログラム)

※3 <キャンセル費用補償保険>

キャンセル費用補償保険とは、様々な理由で留学をキャンセルせざるを得なくなった場合に発生する取消料・違約料※を補償する保険です。海外留学時には、キャンセル費用補償保険に必ず加入してください。ただし、概ね3か月を超える長期留学については、加入の必要はありません。
※取消料・違約料は旅行業者に支払った費用や渡航手続き費として支払った費用等のことです。

本学と包括契約をしている株式会社JTBが提供する「旅行キャンセル費用補償特約」では、以下のような場合で、出国を中止した場合に取消料や違約料が補償されます。なお、JTBによる旅行キャンセル費用補償特約は、他社の海外旅行保険に加入している場合でも加入できます。
(補償対象となる例) 
 ・渡航先でテロが発生した
 ・本人や親族が3日以上入院または死亡した
 ・自宅が火災・台風等での損害を受けた(100万円以上) など

(新型コロナウイルス感染症への対応として,以下のような場合も補償対象となります。)
 ・被保険者がPCR検査を受け出国できず自宅で待機するよう命じられた場合(医師や公的機関の証明が必要です。)
 ・被保険者が旅行出発前に濃厚接触者と診断され自宅で隔離を命じられ、旅行を中止した場合。
 ・被保険者が旅行出発前にコロナに罹患し3日以上入院した場合。

本学が包括契約等を締結するサービス一覧

<留学生トータルサポートプログラム(JTB)>

株式会社JTB及びジェイアイ傷害火災保険株式会社による海外旅行保険と危機管理サービスのセットです。 

(2022/10/04 情報更新)

※ファイル名の最後に「*」があるファイルのパスワードはコチラ本学学生・教職員に限定して公開しています。閲覧にあたっては千葉大学発行のGoogle Workspaceアカウントにログインが必要ですので、アカウントを切り替えてからアクセスしてください。使用するブラウザは「Google Chrome」を推奨します。
※ファイル名の最後に「*2」があるファイルのパスワードは「千葉大学トータルサポートプログラムについて」を参照してください。

<留学生危機管理サービス(OSSMA)>

危機管理サービスのみ。任意の海外旅行保険への加入が必要です。

下記のOSSMA案内及びweb申込方法を必ずご確認のうえ、申込みを行ってください。

※ファイル名の最後に「*」があるファイルのパスワードはコチラ(本学学生・教職員に限定して公開しています。閲覧にあたっては千葉大学発行のGoogle Workspaceアカウントにログインが必要ですので、アカウントを切り替えてからアクセスしてください。使用するブラウザは「Google Chrome」を推奨します。

<旅行キャンセル費用補償特約(JTB)>

※ファイル名の最後に「*」があるファイルのパスワードはコチラ本学学生・教職員に限定して公開しています。閲覧にあたっては千葉大学発行のGoogle Workspaceアカウントにログインが必要ですので、アカウントを切り替えてからアクセスしてください。使用するブラウザは「Google Chrome」を推奨します。

問い合わせ先

申込み方法などに関してご不明な点がある場合には、

参加プログラム担当教職員 もしくは 
学務部留学生課留学推進係 E-mail : studyabroad(at)chiba-u.jp までお問い合せください。
(※(at)は@に置き換えてください。)

▲ PAGE TOP